連載

舞台をゆく

「舞台をゆく」ではドラマや映画のロケ地などを訪ねます。

連載一覧

舞台をゆく

伊藤若冲が彩る「京の台所」 錦市場 細見美術館館長 細見良行さん(65)

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
細見美術館館長の細見良行さん=京都市左京区の細見美術館で、山本直撮影
細見美術館館長の細見良行さん=京都市左京区の細見美術館で、山本直撮影

画業が語るユーモアと社会性

 「枡屋」は生産者や商人に場所を提供して販売させ、京の大半の青果を扱うほどの大店(おおだな)だった。なのに若冲は若くして隠居し、創作に没頭した。歌舞音曲に親しまず、妻をめとることもなかったことから、描くことにしか興味のない「偏固」という印象があった。

 しかし、絵を見て、そうではないと思っていた。代表作「動植綵絵」の魚は、店の陳列のよ…

この記事は有料記事です。

残り272文字(全文452文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集