新型コロナ 仙台の障害者支援施設が危機感 第2波備え、対策に苦慮 一部隔離し、独自に「専用病室」 /宮城

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
太白ありのまま舎は入居者との面会が4月2日から全面禁止に。6月1日からは1家族2人、15分限定で再開した=仙台市太白区で
太白ありのまま舎は入居者との面会が4月2日から全面禁止に。6月1日からは1家族2人、15分限定で再開した=仙台市太白区で

 新型コロナウイルスの感染には、障害者支援施設の関係者も神経をとがらせる。県外では大規模なクラスター(感染者集団)が発生したことから、専用の病室を設けるなどの工夫をしつつ、「第2波」の到来にも備えている。【滝沢一誠】

 「入居者には基礎疾患を持っている人が多く、1人でも感染したら大変なことになる」。「太白ありのまま舎」(仙台市太白区)の白江浩施設長は危機感をあらわにした。

 施設には重度の障害や病気があり、日常的に介護が必要な49人が入居し、約60人の職員が勤務する。インフルエンザが流行する冬を中心に感染症対策には気を配っていたが、千葉県の障害者施設で3月下旬に職員や入居者の家族を含め計121人の感染が発覚したことで、さらに緊張が走った。「うちで同じようなことが起きて亡くなる方も出たらと思うと、ぞっとした」

この記事は有料記事です。

残り700文字(全文1056文字)

あわせて読みたい

注目の特集