メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

新型コロナ・街はいま

オタク文化の「聖地」秋葉原 新しい生活様式模索 「ご主人様」にはマスク /東京

人出が戻ってきた秋葉原。メイド服姿の女性たちが、笑顔で道行く人たちに声をかけている=千代田区で

 あの静けさはどこへ行ったのだろう――。アニメやメイドカフェなどオタク文化の「聖地」であり、アジア有数の電気街である秋葉原(千代田区)。雑然とした雰囲気が戻り、活気づいている。でもどうやら、「コロナ以前」の様子とも異なるようだ。緊急事態宣言が解除されたアキバの空気を吸いに行った。【井川諒太郎】

 秋葉原駅周辺を再訪したのは5月28、29の両日。ほぼ1カ月ぶりだ。その頃は、アニメや漫画のグッズを売る店も電気街もシャッターが降り、人通りの途絶えた街だった。

 「お帰りなさいませ、ご主人様(お客様)」。少し鼻にかかる独特の声で回想から現実に引き戻された。細い路地に面したビルの中のメイドカフェ「ぴなふぉあ壱番星劇場店」では、4人の女性店員が迎えてくれた。

この記事は有料記事です。

残り603文字(全文928文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 菅首相の資産6277万円 内閣平均1億651万円 閣僚ら資産公開

  2. 第70期王将戦リーグ特選譜 観戦棋士も「意味がわからない」細心の一手 藤井王位が佐藤天九段を破り、ようやく1勝

  3. 「嵐」「鬼滅」の年賀はがきに注文殺到 日本郵便の販売サイト、つながりにくく

  4. 大阪市4分割コスト試算「捏造」 市財政局 2日で一変、謝罪 市長面談後

  5. #排除する政治~学術会議問題を考える 「独立性が揺らぐ事態 任命拒否はありえない」 吉川弘之・元学術会議会長

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです