連載

記者と子育て・ときどき花

子どもの成長に伴い、最近は大好きな農作業を手伝う余裕も出てきた記者が、知多半島の農園から、農に触れる子育てと花栽培の今を報告します。

連載一覧

記者と子育て・ときどき花

/4 虹色花、日本一の産地に 師の志、胸に刻んで /愛知

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
白から鮮やかに染まったカーネーション=愛知県武豊町で
白から鮮やかに染まったカーネーション=愛知県武豊町で

 JAあいち知多(愛知県常滑市)に属するカーネーション生産者の出荷組織「知多フロリーダ」は、白い花を7色に染めた「レインボーカーネーション」の産地化に取り組んでいる。茎を裂き、数種類の染色液を吸わせて発色させる虹色の花は、珍しいため都市部からの引き合いが強い。昨年からは東京の大田市場など関東圏への出荷も始まり、染色作業が行われる4~5月の集出荷場は活気づく。

 何ともステキなこの取り組み、誰が最初に始めたのだろう。フロリーダ会長の夫(37)に聞くと、「イシイさん」と言う。私も何度かお会いしている「師匠」の一人だ。

この記事は有料記事です。

残り860文字(全文1118文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集