メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

記者と子育て・ときどき花

/4 虹色花、日本一の産地に 師の志、胸に刻んで /愛知

白から鮮やかに染まったカーネーション=愛知県武豊町で

 JAあいち知多(愛知県常滑市)に属するカーネーション生産者の出荷組織「知多フロリーダ」は、白い花を7色に染めた「レインボーカーネーション」の産地化に取り組んでいる。茎を裂き、数種類の染色液を吸わせて発色させる虹色の花は、珍しいため都市部からの引き合いが強い。昨年からは東京の大田市場など関東圏への出荷も始まり、染色作業が行われる4~5月の集出荷場は活気づく。

 何ともステキなこの取り組み、誰が最初に始めたのだろう。フロリーダ会長の夫(37)に聞くと、「イシイさん」と言う。私も何度かお会いしている「師匠」の一人だ。

この記事は有料記事です。

残り860文字(全文1118文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「嵐」「鬼滅」の年賀はがきに注文殺到 日本郵便の販売サイト、つながりにくく

  2. 大阪市4分割コスト試算「捏造」 市財政局 2日で一変、謝罪 市長面談後

  3. 高相容疑者、覚醒剤使用の疑いで逮捕 酒井法子さんの元夫 警視庁

  4. 第70期王将戦リーグ特選譜 観戦棋士も「意味がわからない」細心の一手 藤井王位が佐藤天九段を破り、ようやく1勝

  5. 「限界だった」たった1人の介護の果て なぜ22歳の孫は祖母を手にかけたのか

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです