メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

旅題材の書画26点 江山文庫で企画展 与謝野 /京都

旅を題材にした水墨画や短歌・俳句が並ぶ企画展=京都府与謝野町金屋の町立江山文庫で、松野和生撮影

 四季折々の旅を題材にした水墨画や短歌、俳句などを集めた企画展「旅する書画」が、与謝野町金屋の町立江山(こうざん)文庫で開かれている。歌人の与謝野鉄幹・晶子夫妻は町にゆかりが深く、丹後地方を度々訪れて歌に詠んだ。鉄幹の歌の掛け軸、晶子の色紙をはじめ、江山文庫の所蔵品計26点を並べた。9月6日まで。

 会場には長谷川玉峰の「四季京名所図」など町指定文化財のふ…

この記事は有料記事です。

残り269文字(全文447文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 切羽詰まった心理につけ込み… トイレ修理のトラブル増加、150万円請求も

  2. 真面目なラブホテル苦境 給付金もGoToも対象外 「推奨されていい」はずなのに

  3. 中村文則の書斎のつぶやき コロナから逃げる政権

  4. 行く手を阻むバス、バス… 60台で巨大迷路 コロナ禍逆手に「はとバス」企画

  5. 「ミルクボーイ」の内海さん、新型コロナ感染 駒場さんも自宅待機

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです