メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

将棋 藤井、最年少タイトル挑戦

史上最年少でタイトル挑戦を決め、別室の記者とオンラインで記者会見する藤井聡太七段=東京都渋谷区の将棋会館で4日午後8時28分、玉城達郎撮影

 将棋の高校生棋士、藤井聡太七段(17)が4日、東京都渋谷区の将棋会館で行われた第91期棋聖戦挑戦者決定戦で永瀬拓矢叡王(27)に100手で勝ち、史上最年少でのタイトル挑戦を決めた。藤井は8日に同所で行われる渡辺明棋聖(36)との五番勝負第1局に17歳10カ月20日で臨むことになり、屋敷伸之九段(48)が1989年12月に第55期棋聖戦で作った17歳10カ月24日の最年少タイトル挑戦記録を4日塗り替える。

 藤井は今期棋聖戦で、1次予選から出場して2次予選、決勝トーナメントを勝ち進み、通算10連勝で挑戦権を獲得した。2019年11月の王将戦リーグ最終局で広瀬章人八段(33)に敗れて、記録更新のチャンスを逃しており、まさにギリギリでの記録達成となった。

この記事は有料記事です。

残り275文字(全文603文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS ホリプロ、舞台『アクタージュ』の今後は「改めてご報告」 原作者が逮捕報道で事実確認中

  2. 「予防効果一言も」「しゃべれなくなる」うがい薬発表翌日の吉村知事一問一答

  3. 松尾貴史のちょっと違和感 大阪府知事「うがい薬でコロナ陽性減」 個別商品示す意味あるのか

  4. 新型コロナ 新たに10人が感染 確保の155床に115人入院 /滋賀

  5. 菅官房長官、アベノマスクしないのは「暑そうで」 ネット番組で

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです