メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ミニ論点

コロナ余波 受診者減、病院経営圧迫 伊関友伸・城西大教授/印南一路・慶応大教授

 新型コロナウイルスの影響で国内の病院は甚大な打撃を受けた。ただ、感染が広がる前から内部留保をためる余裕がなく、ギリギリの経営を続ける医療機関は多い。経営難は国が診療報酬を抑制しているのが主な理由だ。病院は最新の治療を行うために投資を続ける必要があるが、今の診療報酬はそれらに対応できないレベルになりつつある。

 医師の給料が高すぎるとの声もあるが、日本だけが特に高いわけではない。新型コロナでもそうだが、感染して命を落とすリスクも負う。もらいすぎている状況ではない。

この記事は有料記事です。

残り701文字(全文934文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 宇都宮のコンビニで女性刺され重体 店員か

  2. 国は我々の死を待っているのか 「黒い雨」訴訟原告 怒りと落胆

  3. 御巣鷹墜落事故で救出、今は3児の母に 川上慶子さんの伯父が振り返る35年

  4. 宇都宮のコンビニで45歳刺され死亡 刺した男は自分も刺し負傷

  5. キャバクラ暴行死 未婚10代母、遠い自立 娘残し無念

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです