メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

心の眼

使えない自販機=点字毎日記者・佐木理人

 小学生の頃、友達と段ボール箱で自動販売機を作って遊んだ。箱に穴を開け、手書きのボタンを押すと缶ジュースが取り出せる。夏の楽しい思い出である。中学で視力が落ち始め、暑い季節に悔しく感じるようになったのが、街中にある自動販売機だ。

 何が売られているか分からない。通りがかりの人を呼び止めるのはためらわれる。あてずっぽうにボタンを押すと、思いもよらないものが出てきて苦笑してしまう。商品の配列を覚えても、商品が替わってがっかりする。「くじ引きみたい」と楽しむ全盲の友人はいる。私は運任せにできず、家族や同僚に配列を教えてもらった自販機を使う。

 日本の飲料自販機は昨年末で約237万台。人口比で約50人に1台となり、世界的にもかなり充実しているらしい。近年はIC乗車券で支払えるものや、災害時に電光掲示板の代わりをする販売機もある。車いす利用者にも使いやすいように、ボタンの位置が低く、商品やおつりが取り出しやすいものも開発された。ただ、点字表示付きは福祉施設内が主で、街角では出合わない。

この記事は有料記事です。

残り365文字(全文807文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 腹の虫がおさまらない?マメガムシ食べられてもカエルの尻から脱出 神戸大

  2. 療養ホテル、沖縄は1カ月半「ゼロ」 菅氏が批判、知事は「予想より早く感染者増えた」

  3. 療養ホテル確保数「ゼロ」の沖縄に不快感 菅氏「何回となく促した」

  4. ベトナムで感染力強い型のコロナ流行か 首相「拡大防止へ重要な時期」

  5. ORICON NEWS 香取慎吾「こんなにテレビ出れないか」独立から3年のホンネ 草なぎの大河出演にガッツポーズ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです