高校野球 5打席連続敬遠 明徳義塾×星稜 勝負懸けた「松井回避」

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 高校野球史に、今も引き継がれる記憶がある。1992年8月16日、第74回全国高校野球選手権大会2回戦、明徳義塾(高知)が星稜(石川)の4番・松井秀喜(元米ヤンキース)に一度もバットを振らせないまま勝利し、物議を醸した「5打席連続敬遠」だ。あれから28年、当時から指揮を執る明徳義塾の馬淵史郎監督(64)と当時2年生遊撃手で出場した星稜の林和成監督(44)が、ウェブ会議システム「Zoom(ズーム)」で対談した。5打席連続敬遠の真相や甲子園初戦20連勝を誇る馬淵監督の試合の極意などを語り合った。【構成・安田光高】

この記事は有料記事です。

残り3416文字(全文3673文字)

あわせて読みたい