特集

新型コロナウイルス

新型コロナウイルスのニュース、国内での感染状況を報告します。

特集一覧

予備費5兆円分の使途あらかじめ明示で合意 自民・立憲の国対委員長

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
会談に臨む自民党の森山裕国対委員長(右)と立憲民主党の安住淳国対委員長=国会内で2020年6月5日午前9時59分、竹内幹撮影
会談に臨む自民党の森山裕国対委員長(右)と立憲民主党の安住淳国対委員長=国会内で2020年6月5日午前9時59分、竹内幹撮影

 自民党の森山裕、立憲民主党の安住淳両国対委員長は5日、国会内で会談し、新型コロナウイルス対策のため2020年度第2次補正予算案に計上した過去最大の予備費10兆円のうち、5兆円の使途を明示することで合意した。森山、安住両氏は2次補正予算案を10日に衆院通過させることでも一致した。11日にも成立する見通しだ。

 予備費5兆円の使途は、8日の麻生太郎副総理兼財務相の財政演説に盛り込む。5兆円の使途の内訳は、雇用調整助成金などの雇用維持や生活支援=約1兆円▽持続化給付金や家賃支援給付金などの事業継続支援=約2兆円▽医療提供体制強化=約2兆円。森山、安住両氏は、残りの5兆円も含め、国会に「適時適切に報告する」ことを確認した。

この記事は有料記事です。

残り324文字(全文635文字)

【新型コロナウイルス】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集