メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

持続化給付金「事業丸投げ」と批判 “GoTo”も追及 野党ヒアリング詳報

国会内で開かれた「持続化給付金」や「Go Toキャンペーン事業」を巡る問題の野党合同ヒアリング=2020年6月5日午後3時29分、竹内幹撮影

 新型コロナウイルス対策として中小企業などに支払われる持続化給付金の事務事業が実体の乏しい「サービスデザイン推進協議会」に委託されていた問題で、野党は5日、経済産業省などに対して合同ヒアリングを行った。野党側は、支給遅れなどの状況について経産省が把握できておらず、「事業の丸投げで(給付金を待っている)申請者を放置している」と批判した。主なやりとりは以下のとおり。【山口朋辰、岡大介/統合デジタル取材センター】

川内博史衆院議員 まだ給付が受けられない、不安な方たちの声を聞かせていただいているが、中小企業庁、経産省は協議会の誰から、協議会は電通はどの部局の誰から、報告を受けるんですか。支給業務をやっている電通ライブの方は、どのセクションのどの方から報告を受けるんですか。初日、2日目の申請者の個社の情報というものを、きちんと把握しているんですか。個社の情報を。そこをまず教えてください。

経産省 個社という意味では100万件以上を支給しており、全て手元で確認できている状況ではないです。

この記事は有料記事です。

残り3418文字(全文3861文字)

岡大介

1982年東京生まれ。2007年毎日新聞入社。東芝不正会計、東電改革、コインチェックの仮想通貨大量盗難事件、財務省の公文書改ざん&次官セクハラ発言問題、GAFA規制など取材。共著に「AIが変えるお金の未来」など。酔うとすぐ寝る。ツイッター @oka_mainichi

山口朋辰

1979年横浜市生まれ。神奈川新聞社を経て2004年入社。神戸支局、豊岡支局、大阪社会部、中部報道部を経て、19年春から統合デジタル取材センター。世の中の喜怒哀楽を発信していきます。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 家族で登山中に行方不明の小6男児を無事発見 新潟・上越

  2. 「#FreeAgnes」 日本からも周庭氏逮捕への抗議続々

  3. 東京から青森に帰省したら中傷ビラ 「こんなものが来るとは」

  4. 東海道線、横須賀線、事故で一時運転見合わせ JR東日本

  5. 母の呼び掛けにやぶから声 「斜面を滑り落ち動かずじっと」 新潟小6男児保護

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです