メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「これはマラソン。諦めるな」 黒人男性拘束死巡る抗議活動 オバマ氏が討論会でエール

インターネット上の討論会に参加したオバマ前米大統領=2020年6月3日、オバマ基金提供・AP

[PR]

 米メディアによると、オバマ前大統領は3日、インターネット上の討論会に参加し、国内で続く抗議運動に関連し「決して諦めてはいけない。これは短距離走ではなく、マラソンなのだ」と参加者の若者にエールを送った。

 オバマ氏は、11月の大統領選を念頭に「チェンジ(変革)を実現するためには、政治を通して問題を解決しなければならない」と訴えた。米国の歴史は抗議運動を通じ、国民が自由や権利を勝ち取ってきた点に触れて、デモの参加者に対し「若者こそが世の中を変える力を持つ」と呼びかけた。

 オバマ氏は1日に別のイベントでも抗議デモに言及。暴力的な運動を批判しながらも「変革をもたらしたいのならば、実行する力を持つ候補者を選ぶため、(運動を)組織化して、(積極的に)投票していかなければならない」と主張していた。【中村聡也】

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 首相官邸ネット発信「中の人」は電通マン 前任者も 政権のSNS戦略と深いかかわり

  2. 鹿児島、新たに30人の感染確認 28人がクラスター発生の飲食店客

  3. ジャニーズJr.の福士申樹さんが新型コロナ感染

  4. ORICON NEWS 綾瀬はるか「世界を食べる」写真集最新作はリスボン ビーチで見せた“優しい異世界”

  5. 二階氏サイド、自民の「習主席来日中止」決議案に猛反発 「待った」の可能性も

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです