メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

抗議デモはなぜ瞬く間に全米に拡大したのか 「ラスト・ストロー」 人々が語ったその理由

ホワイトハウス前の路上で片膝をつき、抗議するデモ参加者ら=首都ワシントンで2020年6月3日午後2時14分、鈴木一生撮影

 なぜ米国の抗議デモは瞬く間に拡大したのか――。中西部ミネソタ州で起きた白人警察官による黒人男性暴行死事件で、多くの国民の怒りが全米に広がっている。人々はどんな思いで声を上げているのだろう。歴史的な規模に膨れあがったデモの現場を特派員が歩いた。

 「『ママ……』と叫んだ声が耳から離れない」。首都ワシントンのホワイトハウス前で3日、デモに参加していた黒人女性のキャサリン・ローレンスさん(60)は記者の腕をつかみ、涙ぐんだ。事件で死亡したジョージ・フロイドさん(46)は5月25日、白人警察官に首を膝で押さえつけられながら「息ができない。ママ」とうめき、意識を失った。その後、病院に運ばれて死亡が確認された。

 13歳の息子がいるローレンスさんは、新型コロナウイルスの影響でバス運転手の仕事を失った。「家に閉じこもって何度も事件の映像を見た。無力感を感じて、息子たちの未来のために立ち上がらなければと強く思った。悲劇が何度も繰り返される社会を今こそ変えなければならない」

 取材中、怒りをあらわにする黒人男性が話しかけてきた。「デモの現場を見渡してくれ。今までと全く違うんだ。白人が多く参加し、中南米系もアジア系もいる。事件の映像で何が起きたのか、みんなはっきり理解したんだ。同じような事件が積み重なり、今回が『ラスト・ストロー(我慢の限界を超えるもの)』になったんだ」。そう話すと「正義なくして、平和なし」と声を張り上げた。

 米メディアによると、抗議デモは140都市以上に拡大した。5月31日には約40都市が夜間の外出禁止令を出し、黒人の差別撤廃に尽力したマーチン・ルーサー・キング牧師暗殺(1968年)以来の規模になった。

 東部ニューヨークでは6年前に同様の事件が起きた。黒人のエリック・ガーナーさん(当時43歳)が白人の警察官に取り押さえられた際に首を絞められ死亡。…

この記事は有料記事です。

残り1502文字(全文2285文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 首相官邸ネット発信「中の人」は電通マン 前任者も 政権のSNS戦略と深いかかわり

  2. 鹿児島、新たに30人の感染確認 28人がクラスター発生の飲食店客

  3. ジャニーズJr.の福士申樹さんが新型コロナ感染

  4. ORICON NEWS 綾瀬はるか「世界を食べる」写真集最新作はリスボン ビーチで見せた“優しい異世界”

  5. 二階氏サイド、自民の「習主席来日中止」決議案に猛反発 「待った」の可能性も

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです