メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

アラブ諸国の一夫多妻制、コロナで逆風? 複数の妻の家、渡り歩けず家庭不和も

 新型コロナウイルスの感染が収まらないアラブ諸国で、イスラム教が認める一夫多妻制への風当たりが強まってきた。男性が複数の妻宅を訪ね歩くことで感染拡大の恐れが強い上、外出禁止で妻を公平に訪問することが困難となり、家庭不和が拡大。聖典コーランにも示された結婚の形が揺らいでいる。

 イスラム教は男性に対し、公平に扱うことを条件に最大4人の妻との結婚を認めている。生活費の高騰や人権意識の向上により、現在では実践する夫妻は少数派。エジプト紙アルアハラムによるとエジプトで4%、アラビア半島の湾岸諸国で8%程度だ。…

この記事は有料記事です。

残り380文字(全文632文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. うがい薬でコロナ重症化抑制? 大阪知事が使用呼びかけ 専門家は懸念「害になりかねない」

  2. 吉村知事「うそみたいな本当の話」 うがい薬の使用呼びかけ、主な一問一答

  3. “お蔵入り”大阪市長の肝煎り学校のフェースシールド 医療界が止めた理由

  4. 大阪・吉村知事がうがい薬の使用呼び掛け、メーカー株価急騰

  5. ORICON NEWS シャア役・池田秀一、体調不良で『ガンプラ』特番のナレーション変更 アムロ役・古谷徹に

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです