メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

北方領土での共同経済活動実現向け協議継続 日露両政府が一致

北海道標津町の上空から望む国後島の爺爺岳(左)。右奥は択捉島=2019年1月30日午前8時17分、本社機「希望」から

 日露両政府は5日、外務省局長級作業部会をテレビ会議で実施し、北方領土での共同経済活動の実現に向けた協議を進めることで一致した。ロシアで新型コロナウイルスの感染が拡大しており、作業部会の開催は今年1月以来。今後も作業部会をテレビ会議で継続することになった。

 当初は夏以降に実施する見通しだった北方領土…

この記事は有料記事です。

残り182文字(全文332文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 都にチクリ? 菅官房長官、コロナ再拡大は「東京問題」

  2. 「母親ならポテトサラダくらい作ったらどうだ」 ツイートが大反響を呼んだ三つの視点

  3. どこへGo Toすれば… 外出配慮?旅行? 都民惑わす政策のちぐはぐ

  4. 松尾貴史のちょっと違和感 コロナ巡る都知事の「夜の街」発言 客観的説明なく偏見を助長

  5. 園児20人、保育士2人感染 東京・文京区の保育園 22日まで臨時休園

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです