メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

バリアフリー観光情報満載 高知県がホームページ開設 おすすめコースも紹介

バリアフリー情報を検索できる「高知のバリアフリー観光」=ウェブサイトより

 高知県は、高齢者や障害者に向けた観光情報を紹介するウェブサイト「高知のバリアフリー観光」(https://kochitourism−barrierfree.jp/)を開設した。また高知市中心部には「県バリアフリー観光相談窓口」を設置。多くの人に安心して旅を楽しんでもらう環境づくりに取り組んでいる。

 県はバリアフリー観光に向けて、県担当者が観光施設や宿泊施設など約230カ所を車椅子利用者などと共に訪れて現地調査を実施。各施設のスロープの有無や通路の幅などを確かめた。

 今月1日に開設したウェブサイトでは、県内の観光施設など約200カ所の情報を掲載。分かりやすさにこだわり、障害のある人の受け入れ経験やオストメイトの有無といったバリアフリー情報を検索できる。また、四万十川や室戸岬を満喫するおすすめコースも紹介している。

この記事は有料記事です。

残り241文字(全文602文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 帝国劇場が4公演中止 従業員が新型コロナ感染

  2. 名古屋の飲食店、新たに4人感染 クラスターの可能性、市検査 新型コロナ

  3. 新型コロナ 「ぜひ旅行なさって」 「GoTo」に横浜市長 /神奈川

  4. 「今、藤井聡太の将棋が面白い」 中原誠十六世名人が見る新棋聖

  5. 全国で新たに622人確認 3カ月ぶり600人超え 緊急事態解除後、最多

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです