メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

砥部焼でアマビエ にっこり表情豊かに 愛媛の絵付け職人「和んでほしい」

一つずつ表情が異なる砥部焼のアマビエ=愛媛県砥部町千足で2020年6月4日午後0時58分、中川祐一撮影

 可愛かったり、りりしかったり――。新型コロナウイルス収束を願ってネット上で、妖怪「アマビエ」の創作物の投稿が相次ぐ中、愛媛県が産地の砥部(とべ)焼でも再現され、話題になっている。

 作ったのは窯元の一つ、千山窯(愛媛県砥部町)の絵付け職人、三好教代(のりよ)さん(47)。仕事終わりにコツコツ手作りし…

この記事は有料記事です。

残り177文字(全文327文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. デパート休業、知事選集会の中止…鹿児島のクラスター震源地「おだまLee男爵」はどんなところか

  2. 「百合子山は高かった」 落選の山本氏、完敗認めるも小池氏にチクリ

  3. 蒲島知事「『ダムなし治水』できず悔やまれる」 熊本豪雨・球磨川氾濫

  4. 新型コロナ 伊勢崎の男性が感染 県内で会食、7人濃厚接触 /群馬

  5. 埼玉県、倍増の600床確保へ 感染拡大傾向で病床数判断引き上げ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです