メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

かまぼこ商品「うな次郎」ウナギフリーにリニューアル 絶滅危惧に配慮 新潟

夏季期間限定で発売された「すごーく長いうな次郎 蒲焼風かまぼこ」。ウナギ由来の原料を使わない「ウナギフリー」タイプだ=一正蒲鉾提供

 一正蒲鉾(新潟市東区)は、ウナギをイメージしたかまぼこ商品「うな次郎」を、絶滅が危惧されるウナギ由来の原料を使わないタイプにリニューアルした。従来使用していたウナギエキスを使わずに「らしさ」を実現。「ウナギフリー」化した商品の販売を5月中旬から始めた。

 かば焼きに消費されるニホンウナギは国際的な絶滅危惧種に指定されている。うな次郎は、その保護を狙いに2016年に魚のすり身を使った代替商品として発売された。ただ、見た目や食感がウナギに近いとしてヒットし…

この記事は有料記事です。

残り344文字(全文572文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新型コロナ GoTo 東京発着 高齢者らに自粛要請 都知事、首相と合意

  2. ドイツで歩行者区域に車 通行人2人死亡 運転の51歳を逮捕

  3. 一緒に飲み明かした女性に「家に送って」と誘われ…男性を陥れた巧妙手口とは

  4. 社会から「消された存在」だった 18年軟禁された女性、自立探る今

  5. コロナで変わる世界 第1部 くらしの風景(その2止) 埋もれる乳がん 欧米、隠れた「第3波」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです