「断らない相談支援」目指す改正社会福祉法が成立 21年4月施行

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
国会議事堂=川田雅浩撮影
国会議事堂=川田雅浩撮影

 ひきこもりや介護、貧困など、さまざまな分野をまたぐ複合的な課題を抱える家庭に対し、市区町村がワンストップで対応できるように国が支援する改正社会福祉法が5日、参院本会議で与党などの賛成多数により可決、成立した。来年4月から施行される。

 80代の親が、50代のひきこもりの子を支えて困窮し、社会から孤立する「8050問題」では貧困や病気、心身障害など複数の問題を抱えるこ…

この記事は有料記事です。

残り277文字(全文461文字)

あわせて読みたい

注目の特集