メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

不払い養育費立て替え 兵庫・明石市が全国初 コロナ禍のひとり親に対応

行政による養育費の立て替えや回収の制度を説明する兵庫県明石市の泉房穂市長=明石市役所で2020年6月5日午後2時29分、浜本年弘撮影

 兵庫県明石市は5日、新型コロナウイルスの感染拡大の影響で困窮するひとり親世帯に対し、不払いになった養育費を市が立て替えると発表した。保証会社による立て替え事業では、離婚相手の資力審査などがハードルになるケースもある。緊急的な措置として、市がひとり親世帯の養育費を立て替え、相手からの回収も担う。行政による養育費の立て替え制度は全国初という。

 市によると、ひとり親世帯で、市内在住の子どもに対する養育費が対象。家庭裁判所による調停調書や公証役場の公正証書などで養育費の取り決めがあることが条件。6月や7月の養育費に不払いがあれば、市が相手に支払いを促し、応じない場合は市が1カ月分(上限5万円)に限って立て替える。市は給与や預貯金などの差し押さえも視野に回収する。回収できない場合は市費を充当するという。市内の300世帯を想定しており、6月議…

この記事は有料記事です。

残り407文字(全文778文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 渡辺が初の名人位奪取 4勝2敗で豊島降す 現役最多の3冠に

  2. 天然アユ食べて健康な目に 病気予防の色素豊富 岐阜薬科大グループ発表

  3. 本当に「倍返し」ある? 銀行員たちに聞いたドラマ「半沢直樹」の虚と実<前>

  4. 「パンパン」から考える占領下の性暴力と差別 戦後75年、今も変わらぬ社会

  5. 「逮捕は時間の問題」「抗議運動、続けていく自信はある」香港の民主活動家・黄之鋒氏 覚悟を語る

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです