メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

高校受験後の3月に修学旅行も 文科省がコロナ対策「学びの保障パッケージ」公表

学校の教室(写真はイメージ)=ゲッティ

 新型コロナウイルスの影響で学校の学習の遅れが深刻化している問題で、文部科学省は5日、遅れを取り戻すための対応策をまとめた「『学びの保障』総合対策パッケージ」を公表した。これまでに通知で認めた特例措置などを活用すれば、5月末まで休校が続いた地域でも運動会などの学校行事を中止せずに遅れを取り戻すことが可能としている。

 パッケージでは、4~5月の2カ月間は休校が続き、6月中は分散登校を余儀なくされる地域を念頭に、6月末までに45日ほど授業の遅れが発生している場合の中学3年の年間計画のモデルを提示した。遅れのうち約20日を、教科書の内容の一部を家庭などで履修する「学習活動の重点化」によって取り戻し、夏休みの短縮や土曜授業の実施などで35日ほど挽回すれば、運動会や文化祭などの日程を確保できるとしている。修学旅行につ…

この記事は有料記事です。

残り542文字(全文900文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. うがい薬でコロナ重症化抑制? 大阪知事が使用呼びかけ 専門家は懸念「害になりかねない」

  2. 吉村知事「うそみたいな本当の話」 うがい薬の使用呼びかけ、主な一問一答

  3. “お蔵入り”大阪市長の肝煎り学校のフェースシールド 医療界が止めた理由

  4. 大阪・吉村知事がうがい薬の使用呼び掛け、メーカー株価急騰

  5. ORICON NEWS シャア役・池田秀一、体調不良で『ガンプラ』特番のナレーション変更 アムロ役・古谷徹に

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです