めぐみさんの「くし」肌身離さず 「すごく丈夫」と笑顔で語ってくれた 横田滋さん死去

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
北朝鮮による拉致の前日に娘のめぐみさんから誕生日祝いにプレゼントされたくしで髪を整える横田滋さん(右)。左は早紀江さん=川崎市川崎区で2014年11月5日、山本晋撮影
北朝鮮による拉致の前日に娘のめぐみさんから誕生日祝いにプレゼントされたくしで髪を整える横田滋さん(右)。左は早紀江さん=川崎市川崎区で2014年11月5日、山本晋撮影

 少し黒ずんだ革のケースに入れたくしを、滋さんはいつも持ち歩いていた。めぐみさんが拉致された日の前日の1977年11月14日。滋さんの45歳の誕生日に、めぐみさんがプレゼントしてくれたものだ。

 「これからはおしゃれにも気をつけなきゃだめよ」。中学生になって、急に大人びためぐみさんの言葉が滋さんの胸に…

この記事は有料記事です。

残り124文字(全文274文字)

あわせて読みたい

ニュース特集