特集

新型コロナウイルス

新型コロナウイルスのニュース、国内での感染状況を報告します。

特集一覧

動画、張り紙で「営業やめろ」…そこに「正義」はあるのか? 安田浩一さんと考える「自粛警察」論

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
安田浩一 ジャーナリスト=東京都千代田区で2020年2月10日、内藤絵美撮影
安田浩一 ジャーナリスト=東京都千代田区で2020年2月10日、内藤絵美撮影

 東にパチンコ店があれば「営業をやめろ」と怒鳴り込み、西に居酒屋があれば「店を閉めろ」と張り紙をする。新型コロナウイルスの感染が拡大する中、そんな「自粛警察」と呼ばれる人々のことは読者もご存じだろう。「行き過ぎた正義」などと解釈されるが、これ、そもそも正義なのか? ジャーナリストの安田浩一さんと考えた。【吉井理記/統合デジタル取材センター】

パチンコ店「突撃」に「あなたは正義だ」

 4月7日に緊急事態宣言が出てから、国などが「3密」などに該当するとした業種に休業を求めてきたけれど、だれもが従ったわけではない。パチンコ店も、ごく一部が営業を続けた。

 動画投稿サイトには「自粛警察」が撮影したとおぼしき「突撃動画」が今も残っている。投稿する人物は何人かいるが、どれも営業中のパチンコ店に拡声器を持って乗り込み、店や客に「営業をやめろ」「パチンコ中毒者は帰れ」などと、大声で叫ぶのは同じである。客の容姿などについて、暴言や罵声を浴びせるものまである。

 要するに、ひどい光景なのだが、動画のコメント欄には「正義」という2文字が躍っていた。「あなたは正義だ」「暴言には同意しないが、やっていることは正しい」「正義が暴走気味だが、支持します」

分かったような気になる「正義の暴走」

 「……本当にそうなのでしょうか。『自粛警察』を語る時、確かに『行き過ぎた正義』とか『正義の暴走』などといった言葉が使われがちです。でも、本当にそこに正義はあるのでしょうか」

 これまで在日コリアンや外国人労働者など、少数者を取り巻く問題を追い続けてきた安田さんは腕組みしつつ、自問自答するようにつぶやいた。

 「正義」と絡めて語られることが多い「自粛警察」をどう考えるか。「在日コリアンには特権がある」「外国人犯罪から日本人を守れ」などと、「正義」を偽装した少数者排除の風潮と対峙(たいじ)してきた安田さんに聞いてみたかった。

 腕組みしたまま、安田さんが続ける。「過去、戦争や人権侵害は正義の名の下に行わ…

この記事は有料記事です。

残り2667文字(全文3502文字)

【新型コロナウイルス】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る
この記事の筆者
すべて見る

注目の特集