メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

住民勉強会、抗体検査…「第2波」に備える診療所医師たち

地域住民を対象にした勉強会で参加者と対話する蔵前協立診療所所長の原田文植医師=東京都台東区で2020年6月3日午後1時51分、吉田卓矢撮影

 緊急事態宣言の解除で経済活動が段階的に再開される一方で、東京などでは再び新型コロナウイルス感染者が増加する兆しも見える。地域住民の健康管理を担う医療・介護事業者は、感染拡大の「第2波」へ警戒を強めている。地域住民への啓発や、自主的な抗体検査など、新たな取り組みに動き始めた東京と大阪の診療所を取材した。【吉田卓矢/統合デジタル取材センター】

 「主治医として皆さんの生活習慣を見ていれば、マスクの着用や手洗い・うがいなどの予防をしつつ、これまでの生活を守っていれば、そう簡単に感染することはありません」。6月3日、東京都台東区にある蔵前協立診療所で開かれた住民向け勉強会。所長の原田文植医師(48)の説明に、集まった15人の通院患者らがうなずいた。

 蔵前協立診療所は3月下旬から、通常外来とは別の専用部屋を設けて、新型コロナの感染が疑われる患者の診察を行っている。これまでにコロナではないかと相談に訪れた患者70人ほどを診察し、必要と判断すれば保健所に連絡するなどしてきた。しかしその間、一般外来の患者は一時、通常時から3割ほど減った。「コロナ患者を診ているから行かない方がいいと知人から言われた」と複数の患者から言われた。医療機関に対する風評の存在と、それに伴って必要な治療や通院を控えている人が多いことを実感した。

 蔵前協立診療所の通院患者は、高齢で糖尿病や高血圧といった慢性疾患を持つ患者が多いが、新型コロナの感染拡大が始まってから、血圧の上昇や体重の増加がみられるという。原田医師は勉強会で、予防接種を受けるなど新型コロナ以外の病気にも注意を向けるよう求めた上で、「新型コロナを心配しすぎて自宅にひきこもり、別の病気で入院した方が危険です。皆さんが健康であることが医療崩壊も…

この記事は有料記事です。

残り2700文字(全文3441文字)

吉田卓矢

1976年生まれ、兵庫県明石市出身。2005年入社。奈良支局、高松支局、大阪科学環境部、福井支局次長、水戸支局を経て、2019年秋から統合デジタル取材センター。原発や震災・防災、科学・医療などを中心に取材してきた。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「百合子山は高かった」 落選の山本氏、完敗認めるも小池氏にチクリ

  2. 東京都知事選 小池氏の再選確実「喫緊の課題はコロナ対策」

  3. 「人気低下、認めざるを得ない」 落選の立花氏 衆院選へ「戦略見直す」

  4. 「小池氏に手玉に取られた」自民、距離感に苦心 恐れる「次の行動」とは

  5. コロナ休校で10代の妊娠相談急増 性教育の機会なく、バイト中止で避妊具買えず

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです