メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

eye

変わる風景、変わらぬ美しさ

水族館「マクセル アクアパーク品川」で休館中の館内を散歩し、水槽のノコギリエイを見つめるオットセイのチャント。ショーの練習や運動も兼ね、1日に数回、水槽を出る。担当飼育員の井上夏菜子さん(27)は「トレーニングも健康チェックにもじっくり時間をかけられた。いきいきとした姿を見に来てほしい」。同館は6月1日から時間短縮で再開。イベントプログラムは全て中止している=東京都港区で5月28日、小川昌宏撮影

 新型コロナウイルスの感染拡大に伴う「緊急事態宣言」が5月25日に全面解除され、少しずつ普段の生活が戻ってきた。

 神奈川県箱根町では緑に染まった山の中を赤い車両がゆっくりと走っている。昨秋の台風19号で被害を受け、箱根湯本-強羅間で運休が続く箱根登山鉄道は5月11日から試運転を始めた。同鉄道総務課の菅原隆さん(49)は「箱根は今までのにぎわいにはほど遠いが、宣言解除後は明るい兆しも見えてきた。明け…

この記事は有料記事です。

残り302文字(全文502文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ソウル市長、遺体で発見 「遺言」残し失踪 元秘書がセクハラ訴え

  2. あぶり出された若年層感染 中高年へ「感染及ぶ兆し」 東京最多224人

  3. 特権を問う 「Yナンバーに気をつけろ」沖縄移住の女性が体験した「基地の島」の現実とは?

  4. 東京都、新たに感染者224人確認 過去最多 新型コロナ

  5. 「健康とはほど遠い」 陰性になっても続く倦怠感と嗅覚障害 新型コロナ「後遺症」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです