メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

丹下日出夫のズバッと

G1 東京11R・安田記念 (日曜競馬)

 アーモンドアイが八つ目のGⅠを奪取して、未到の境地へ踏み込む。昨年暮れの有馬記念は熱発の影響もあったか、折り合いに苦労し初めて馬券対象外に沈んだが、今年初戦のヴィクトリアマイルをコースレコードに0秒1迫る1分30秒6で楽勝。能力と復調度合いをしっかり確認できた。中2週となるが、腰回りの筋肉は落ちていない。もしスタートで不利やミスがあったとしても、昨年の3着惜敗を糧に進路取りや追い出しのタイミングで十分カバーできるだろう。

 対抗は2連覇に挑むインディチャンプ。昨年は恵まれた面もあったが、秋のマイルCSも制し、実力を改めて知らしめた。前哨戦のマイラーズCを余裕残しで完勝。栗東での坂路調教でも以前とは見違えるように動くようになった。

この記事は有料記事です。

残り250文字(全文568文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 感染者と同席「コロナパーティー」 「無敵」と参加の30歳死亡 「間違いだった」言い残し

  2. 松尾貴史のちょっと違和感 コロナ巡る都知事の「夜の街」発言 客観的説明なく偏見を助長

  3. どこへGo Toすれば… 外出配慮?旅行? 都民惑わす政策のちぐはぐ

  4. 小池氏「むしろ国の問題」 感染再拡大、菅長官の東京問題発言に不快感

  5. 「わー、よかった」明るい娘に“嫌な予感” 「キッズライン」性被害 母が証言

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです