障害者施設で一番茶を収穫 五泉・例年より遅く /新潟

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
一番茶を摘み取る利用者=日報連会員の比企一夫さん撮影
一番茶を摘み取る利用者=日報連会員の比企一夫さん撮影

 五泉市中川新の障害者就労支援施設「自立就労センターいずみ」の茶畑で5日、ようやく収穫期を迎えた一番茶の摘み取り作業があった=写真・日報連会員の比企一夫さん撮影。同センターによると、2020年は低温や遅霜などの影響から例年より1カ月ほど遅れたといい、6月にずれ込んだのは7年ぶりという。

 同センターの利用者ら約20人が参加。茶…

この記事は有料記事です。

残り223文字(全文386文字)

あわせて読みたい

注目の特集