連載

編集長からの手紙

毎日新聞デジタルの「編集長からの手紙」ページです。最新のニュース、記事をまとめています。

連載一覧

編集長からの手紙

「次世代 死なせたくない」 シベリア抑留体験 政岡さんが集いで話す

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
「一日に配給されたパンの大きさはこれぐらい」。わかりやすいように、パンを持参して説明した政岡さん=大阪市で
「一日に配給されたパンの大きさはこれぐらい」。わかりやすいように、パンを持参して説明した政岡さん=大阪市で

 <学ぶ・育つ・挑む>

 「いつ日本に帰れるか分かれへん。希望なんてなかった」。終戦後、3年間シベリアに抑留された政岡希彦(まれひこ)さん(93)=大阪市=が、3月に大阪市での集いで、体験を話しました。戦後75年。このような話を聞ける機会は大変貴重です。「今の世代、次の世代の子どもたちが戦争にひっぱられて死ぬなんて、絶対あってはならない」。この思いを伝えたい。【編集長・三角真理】

この記事は有料記事です。

残り1556文字(全文1746文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集