21年度公立高校入試、「前期」「後期」 選抜導入 従来「推薦」「一般」廃止、全生徒が受験可能に /長崎

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 県教委は5日、2021年度の公立高校入試から、従来の推薦入学者選抜と一般入試を廃止し、「前期」「後期」選抜を導入すると発表した。前期選抜では各校の特色を生かした選抜方法を取り入れ、全生徒が受験できるようにする。各学校の差別化を図ると共に、受験者の志望校選びの選択肢を広げるのが狙いだ。

 これまでの推薦入学者選抜では中学校長の推薦が必要となるため、受験できるのは一部の生徒に限られた。新たに導入する前期選抜は推薦が不要となるため、全…

この記事は有料記事です。

残り325文字(全文541文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集