メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

クローズアップ

オプジーボ特許 本庶氏、小野薬品月内提訴 知的活動、価値に溝

記者会見で小野薬品工業を相手取った提訴について説明する本庶佑・京都大特別教授=京都市左京区の京都大で2020年6月5日(代表撮影)

 がん免疫治療薬「オプジーボ」に関連する特許の対価を巡り、ノーベル医学生理学賞受賞者の本庶佑(ほんじょたすく)・京都大特別教授が5日、特許使用料約226億円の支払いを求め、小野薬品工業(大阪市)を6月中旬、大阪地裁に提訴する方針を表明した。研究者への「正当な対価」を求める本庶氏に対し、小野薬品は当初の契約を根拠とする姿勢を崩しておらず、争いは裁判の場に移される事態となった。

 「知的活動を正しく評価してもらいたい」。本庶氏は5日、京大で記者会見し、提訴に至った経緯を力説した。

この記事は有料記事です。

残り2732文字(全文2971文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ゾウの死骸に大量のプラごみ タイ当局解剖、消化器官に詰まり出血か

  2. 小池氏「むしろ国の問題」 感染再拡大、菅長官の東京問題発言に不快感

  3. 脱走17日目、サーバルキャットを捕獲 飼育の家から約1キロ 静岡

  4. 姫路の24歳女性刺殺 容疑で36歳知人男性逮捕 生前に暴力、警察に相談

  5. 特集ワイド 新型コロナ、都内感染再拡大の危機 今が踏ん張りどころ 東京都医師会・尾崎治夫会長

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです