メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

囲碁

第75期本因坊戦挑戦者決定プレーオフ 芝野虎丸名人-許家元八段 第10譜

 張りつめていた対局室の空気が緩んだのは午後9時50分。黒247と黒七子をツナいだ場面は、芝野が勝ちを確信したと同時に、許が敗北を受け入れた瞬間だった。7分後に許が投了を告げ、20歳の芝野虎丸名人が挑戦権を獲得した。

 「序盤から形勢判断の難しい碁でした。途中で負けの図もあり、勝てたのは運がよかった。七番勝負は大変な戦いになると思います。昔から目標だった井山先生と、2日制の対局ができるのは楽しみです」と、芝野はインタビューに答えた。

 翌日の4月7日に緊急事態宣言が発令され、碁界は全ての対局が止まった。予選や本戦だけではなく、芝野が村川大介十段に挑戦している十段戦五番勝負も1勝1敗でストップしている。大熱戦を制して芝野が挑戦者に名乗りを上げた本因坊戦七番勝負も、本来ならば5月12日が開幕戦だったが延期となった。

この記事は有料記事です。

残り298文字(全文656文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ガス吸う遊び中にボンベ爆発、アパート2室焼ける 重過失失火容疑で10代3人逮捕

  2. 米総領事館、香港の活動家4人の政治亡命を拒絶 米中対立を避ける思惑か

  3. 史上最大級の「ペヤング超超超超超超大盛やきそばペタマックス」発売へ 通常の約7.3倍 まるか食品

  4. 大阪市4分割ならコスト218億円増 都構想実現で特別区の収支悪化も 市試算

  5. 持続化給付金詐取容疑、全国で55人逮捕 SNSで若者勧誘も 返還相談2000件超

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです