メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

コロナ禍のJリーグ

PCR検査 全関係者を継続的に

J1浦和のホームスタジアムの埼玉スタジアム。選手へのPCR検査は試合前にスタジアムで行われる予定だ=本社ヘリから小川昌宏撮影

 5月29日のJリーグ臨時実行委員会後に村井満チェアマンはこう明かした。「選手個々の健康管理を補完する意味合いで、国民に迷惑を掛けない範囲で選手全員のPCR検査の導入のめどがついた」。国内の競技団体で初めて、新型コロナウイルスの感染の有無を調べるPCR検査導入に踏み切った。

 Jリーグによると、PCR検査センターを新設し、リーグ主導で運営する。検査は民間の検査機関に委託し、最初は6月20、21日に実施する。その後は週末の試合前に試合会場で行い、アウェーチームの遠征を外れた選手はクラブハウスなどで受ける。12月後半まで2週間に1度ずつ計14回、継続的に行う。

 結果は検査センターに通知され、クラブに連絡が行く。陽性判定を受けた者が出た場合、検査センターは選手らの自主隔離を要請する。直前に対戦したクラブに要請することもあるという。試合日程の変更も検討する。試合にエントリーできるのは陰性判定を受けた選手とスタッフのみ。

この記事は有料記事です。

残り639文字(全文1049文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 国内の感染者、4万人超える 東京で新たに258人 大都市中心に拡大続く

  2. ORICON NEWS 香取慎吾「こんなにテレビ出れないか」独立から3年のホンネ 草なぎの大河出演にガッツポーズ

  3. “アベノマスク”大きくなった? 記者の質問に首相は…

  4. 時の在りか 「もう菅政権になっている」=伊藤智永

  5. 療養ホテル確保数「ゼロ」の沖縄に不快感 菅氏「何回となく促した」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです