メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

茨城空港、海外向け愛称は「Ibaraki」に 「Tokyo」は県民反対

茨城空港=本社ヘリから西本勝撮影

 茨城県は5日、茨城空港(小美玉市)の海外向けの愛称を「Ibaraki International Airport」に決めたと発表した。県の有識者会議は「Tokyo」を冠する最終候補案を提示していたが、県民の多くは反対だと判断して見送った。国内向けの愛称は「茨城空港」のままとする。

 愛称を検討する有識者会議は今年1月、海外での知名度向上を目指して設置され、3月には海外向けの愛称として「Tokyo」や「Metropolitan」を使った六つの候補案を提示。5月末、東京への近さをアピールできるとして「…

この記事は有料記事です。

残り378文字(全文629文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ソウル市長、遺体で発見 「遺言」残し失踪 元秘書がセクハラ訴え

  2. あぶり出された若年層感染 中高年へ「感染及ぶ兆し」 東京最多224人

  3. 特権を問う 「Yナンバーに気をつけろ」沖縄移住の女性が体験した「基地の島」の現実とは?

  4. 東京都、新たに感染者224人確認 過去最多 新型コロナ

  5. 「健康とはほど遠い」 陰性になっても続く倦怠感と嗅覚障害 新型コロナ「後遺症」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです