メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

群馬県民宿泊5000円還元、初日から予約殺到 施設側全額立て替えに不満も

群馬県民宿泊5000円還元をPRする「泊まって!応援キャンペーン」のポスター

 群馬県が新型コロナウイルスの観光需要回復策として打ち出した、県民の県内ホテル・旅館宿泊料金から5000円キャッシュバックする「泊まって!応援キャンペーン」が5日始まった。県内の宿泊施設では予約や問い合わせが殺到。客に還元した5000円のうち県の補塡(ほてん)は4000円。しかも補填完了までに資金繰りが悪化する懸念があるとの宿泊業者の声も少なくない。

 草津温泉(草津町)の旅館「望雲」では、県のキャンペーン発表直後から既に20~30組の予約が入った。5日にはさっそく3組が利用。普段は首都圏の客が多いため「県内の方に草津の魅力を再発見してもらう機会になれば」と話す。伊香保温泉(渋川市)の「美松館」でも5日に4組が利用。宿泊歴のある客向けの割引サービスなど自助努力も始めていたが、県のキャンペーンで「需要が喚起された」と評価する。

この記事は有料記事です。

残り141文字(全文507文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 鼻出しマスクで失格の40代受験生、トイレにこもり警察出動 注意されせき込む仕草も

  2. 変異株の感染確認、なぜ静岡で 英国滞在歴なし 厚労省クラスター班調査へ

  3. 大相撲・九重部屋で親方ら5人新たに感染判明 全力士が休場中

  4. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  5. ORICON NEWS なかやまきんに君“本名”公開「初めて下の名前知りました」「本名カッコいい」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです