「深い悲しみ」タイの拉致被害者家族からも悼む声 横田滋さん死去

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
北朝鮮に拉致されたとみられるアノーチャー・パンチョイさん
北朝鮮に拉致されたとみられるアノーチャー・パンチョイさん

 北朝鮮に拉致された横田めぐみさんの父親で、拉致被害者家族会元代表の横田滋さん(87)の死去を受け、同様に北朝鮮に拉致されたとみられるタイ人女性アノーチャー・パンチョイさん(行方不明時23歳)のおいのバンジョン・パンチョイさん(51)が5日、「タイ人拉致被害者家族として深い悲しみを表します」とのコメントを出した。

 支援団体によると、タイ北部チェンマイ出身のアノーチャーさんは1978年に出稼ぎ先のマカオで行方不明になった。拉致被害者の曽我ひとみさんの夫ジェンキンスさん(2017年に死去)が05年に著書で北朝鮮でのアノーチャーさんとの9年間にわたる交流を証言し、拉致疑惑が明るみに出た。既に両親と兄は他界しており、おいのバンジョンさんらが救援活動に取り組み、これまでに何度も来日している。

この記事は有料記事です。

残り120文字(全文465文字)

あわせて読みたい

注目の特集