メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

減らない医療現場の負担 懸命に前を向く新入職員「この状況だからこそ」

「怖さはあるが、多くのことを吸収したい」と話す新入職員=横浜市西区で2020年5月28日、宮島麻実撮影

 新型コロナウイルスと医療従事者との闘いは、長期戦の様相を呈している。神奈川県内の医療現場でも数多くのクラスター(感染者集団)が発生し、院内感染と隣り合わせの職員の負担は一向に減らない。4月に働き始めたばかりの新入職員にとっては例年以上に緊張を強いられるスタートとなったが、「この状況だからこそ吸収できることがある」と懸命に前を向いている。【宮島麻実】

 「今のところ後悔はしていません」。4月に県内の病院で臨床工学技士として働き始めた男性(23)は、毎日新聞の取材にそう言った。思い描いていた新社会人生活とはかけ離れたものになっているが、「助ける側がマイナスの気持ちになってはいけない」と自らを奮い立たせている。

この記事は有料記事です。

残り1004文字(全文1310文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京、コロナの警戒レベルを最高に 「感染拡大」 小池都知事、緊急記者会見へ 

  2. 結核7人集団感染 1人死亡、6人は家族や関係者 北九州市

  3. 河井夫妻の保釈請求を却下 東京地裁決定

  4. 電脳女将・千鶴さん「早く帰ってきて」 声優が安否気遣う 湯布院の旅館家族不明

  5. 感染者と同席「コロナパーティー」 「無敵」と参加の30歳死亡 「間違いだった」言い残し

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです