メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

親睦会費盗難、人事評価盗み見も 不祥事続く、1500万円過大還付の摂津市

摂津市役所=大阪府摂津市三島1で6月4日午後2時50分、遠藤浩二撮影

 親睦会費の盗難、不正アクセスで人事評価を盗み見――。過大還付した住民税約1500万円が返還不能になっている大阪府摂津市で、不祥事が相次いでいる。親睦会費の盗難を巡っては、金庫を買い替えた際の代金を公金から支出していた。職員のコンプライアンスに危機感を抱いた市は近く、第三者委員会を設置して改善に取り組む方針を表明する。

 関係者によると、不祥事があったのは災害対策や市有財産を管理する防災管財課(今年4月、防災危機管理課などに名称変更)。2019年8月、市管理公社の印鑑や親睦会費などを入れた業務用手提げ金庫の鍵が職員の机の中からなくなっていることが発覚した。合鍵で開けると、課員約10人分の会費4万円と通帳、キャッシュカードが盗まれていた。

 当時、課内で…

この記事は有料記事です。

残り418文字(全文746文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京、コロナの警戒レベルを最高に 「感染拡大」 小池都知事、緊急記者会見へ

  2. 結核7人集団感染 1人死亡、6人は家族や関係者 北九州市

  3. 政権批判の「料理動画」なぜ人気 声高主張より「蒸し鶏」で 「クッキング議員」に聞く

  4. 感染者と同席「コロナパーティー」 「無敵」と参加の30歳死亡 「間違いだった」言い残し

  5. 韓国、コロナ抗体ほぼ確認できず 3055人検査 集団免疫「不可能」指摘

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです