メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

昔懐かしのおもちゃ3万点展示施設がオープン 昭和のテレビにミシンも 兵庫

昔懐かしいおもちゃが展示されている館内=兵庫県丹波篠山市魚屋町で2020年6月5日10時25分、丸井康充撮影

 兵庫県丹波篠山市魚屋町に5日、懐かしいおもちゃの展示や体験ができる「丹波篠山 ヴィンテージ・トイ・ガーデン」がオープンした。

 同施設は2018年3月に持ち主から市に寄贈された旧今村家住宅。明治時代以降に建てられたといい、元々は造り酒屋だった。木造平屋建てで、延べ床面積は437平方メートル。18年11月に市が公募した古民家活用のリノベーションプロジェクトに料理旅館「近又」(同市二階町)が応募し、選ばれた。同社は19年暮れから改修工事を進めていた。

 施設内には、16年1月に閉館した旧奥飛騨玩具博物館(岐阜県高山市)から入手した昔懐かしいブリキのおもちゃや昭和時代のテレビ、ステレオ、ミシンなど計約3万点を展示している。射的やインベーダーゲームなどの遊びも体験できる。

この記事は有料記事です。

残り254文字(全文589文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「もっと受け入れろ」と苦情も コロナ患者受け入れホテルはいま

  2. 五輪やりとりなし 「ヨシ」「ジョー」と呼び合うこと確認 日米首脳電話協議

  3. 首相「少々失礼じゃないでしょうか」 蓮舫氏「言葉が伝わらない」批判に気色ばむ

  4. コロナ感染、自宅療養中の女性が自殺 「家族にうつしたかも」悩む

  5. 3次補正予算成立も厳しさ増す政権運営 進む「菅離れ」 五輪、給付金…判断難しく

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです