メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

潮干狩り、やっとシーズン コロナで開場遅れの兵庫・新舞子浜に家族連れ

潮干狩りを楽しむ人たち=兵庫県たつの市の新舞子浜で2020年6月6日午後2時20分、平川義之撮影

 関西有数の潮干狩り場として知られる兵庫県たつの市の新舞子浜で、熊手やバケツを手にした家族連れの姿が目立つようになってきた。例年4月中旬までには開場しているが、今年は新型コロナウイルスの影響でオープンが5月30日と大幅に遅れていた。

 御津町新舞子観光協同組合によると、例年の休日であれば多い時で約30…

この記事は有料記事です。

残り125文字(全文275文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. コロナ対策「アドバイザリーボード」再開 「夜の街」呼称やめ「社交飲食店」に

  2. 首相と菅氏、吉村知事を厚遇「リーダーシップに敬意」 小池氏と対照的

  3. 独自大会で3時間の降雨中断 鹿児島城西ナインが取った思わぬ行動 高校野球

  4. 「佐川さんには私の目を見て話をしてほしい」 近畿財務局職員の妻雅子さん

  5. 感染者と同席「コロナパーティー」 「無敵」と参加の30歳死亡 「間違いだった」言い残し

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです