市産生乳でチーズ 常陸太田の工房、試行錯誤重ね 3種類、道の駅で限定販売 /茨城

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
常陸太田市産生乳を使った(左から)カチョカバロ、モッツァレラ、ストリング=茨城県常陸太田市役所で
常陸太田市産生乳を使った(左から)カチョカバロ、モッツァレラ、ストリング=茨城県常陸太田市役所で

 常陸太田市は、同市産生乳を使ったナチュラルチーズを製造、商品化したと発表した。同市大中町にある「ひたちおおたチーズ工房」が5月24日から稼働を始め、道の駅ひたちおおた(同市下河合町)で限定販売している。同市では2017年からオリジナルチーズ作りを進めていた。

 同市北部の里美地区は酪農業が盛んで、これまでも同地区の生乳を使った「里美のむヨーグルト」「里美ジェラート」を販売してきた。市では市産の生乳をさらにPRしようと、17年に新たにオリジナルチーズの製造・商品化を目指すプロジェク…

この記事は有料記事です。

残り364文字(全文606文字)

あわせて読みたい

ニュース特集