メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

新型コロナ 結婚式引き出物菓子、医療関係者に7800個 名古屋のドレス店経営者、資金募り /愛知

引き出物業者から届いた菓子を前にする小林早規さん=名古屋市中区の「カノンウェディング」で2020年6月1日、岡村恵子撮影

 新型コロナウイルスの感染拡大で、多くのイベントが中止に追い込まれている。結婚式もその一つ。そこで、名古屋市で輸入ウエディングドレスを扱う店を経営する小林早規さん(32)が、宙に浮いた結婚式の引き出物の菓子を医療関係者に贈ろうとクラウドファンディングで資金を募ったところ、約1カ月で約50万円が集まった。3日までに東京や愛知などの病院20カ所に菓子計7800個が届けられた。

 小林さんは2019年11月にウクライナなど海外のドレスをレンタルする「カノンウェディング」を設立。しかし、間もなく世界的なコロナ禍に見舞われ、小林さんの店も4月初めから休業を余儀なくされた。

この記事は有料記事です。

残り456文字(全文739文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 逗子崩落・女子高生死亡 事故前日に亀裂発見 マンション管理会社、行政に伝えず

  2. 智弁和歌山アベック優勝 女子は初の栄冠 高校駅伝予選

  3. 第70期王将戦リーグ特選譜 観戦棋士も「意味がわからない」細心の一手 藤井王位が佐藤天九段を破り、ようやく1勝

  4. ORICON NEWS 『アイマス』声優・大坪由佳が結婚報告 お相手は29歳の一般男性

  5. ORICON NEWS 金田朋子「娘が笑えば何でもよい」子育て動画が88万再生 ポジティブを"貫く"子育て論

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです