特集

第103回全国高校野球選手権

第103回全国高校野球選手権大会(8月10~29日)の特集サイトです。

特集一覧

新型コロナ 府大会を独自開催 来月18日開幕、無観客 府高野連 /大阪

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

 新型コロナウイルス感染拡大の影響で今夏の全国高校野球選手権大会が中止になったことを受け、府高野連は6日、府の独自大会を無観客で開催すると発表した。大会名は「令和2年大阪府高等学校野球大会」とする公式戦で、府高野連が主催、日本高校野球連盟と朝日新聞社が後援する。7月18日に開幕する。【荻野公一】

 6月5日の臨時理事会で決めた。当初の大阪大会は7月11日から同30日の予定だった。公立高校の対外試合は同11日から可能だが、府高野連は「練習試合をせずに公式戦に入るのは問題」として、会場となる球場を確保できたこともあり、大会期間を後ろにずらして同18日から8月10日(予備日1日)までとした。それ以降は他の団体が球場を使用するため、雨天順延などで試合を消化できない場合は大会を打ち切る。開閉会式は実施しない。球場には部員のみ入場できる。感染予防策は日本高野連が示したガイドラインに基づき、今後作成する。

 会場は府内7球場で、試合はトーナメント方式。平日は午後1試合、土曜日は午後2試合、日祝日は午前から3試合をする。選手登録は30人でベンチ入りは20人。抽選は7月3日、府高野連の役員が代理でする。

あわせて読みたい

マイページでフォローする