メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ストーリー

「再エネ100%」夢追う社長(その1) 市民の力で電力販売

竹村英明社長

 並べられた太陽光発電のパネルとパネルの間から、青空がのぞいた。パネルの下に広がるのは畑。今月からは農家が無農薬大豆の作付けを始める。千葉県匝瑳(そうさ)市に設置された再生可能エネルギーを生み出す2カ所の拠点は以前、耕作放棄地だった。この土地で計約100キロワット、約35世帯分の再エネ発電と、農作物を収穫する「ソーラーシェアリング」を実現する。

 発電会社「イージーパワー」を設立したのは「NPO法人市民電力連絡会」(約80団体と個人約70人、事務局・東京都新宿区)のメンバー6人。大豆畑でつくった電気を仕入れて消費者に売る電力小売会社「グリーンピープルズパワー(GPP)」も、地球温暖化や原発の問題に関心がある市民が株主になって設立した。小売電気事業者のライセンスを取得し、今年2月から販売を開始している。両社の社長を務めるのは、市民電力連絡会…

この記事は有料記事です。

残り440文字(全文813文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「がんに勝つことは、生きるか死ぬかじゃない」米国で闘病中のポルノスター、まりかさんが直面したロックダウン

  2. 感染者と同席「コロナパーティー」 「無敵」と参加の30歳死亡 「間違いだった」言い残し

  3. 名古屋の名東区役所職員刺される 刺した60代を殺人未遂容疑で現行犯逮捕 愛知県警

  4. 愛知・大村知事「不要不急の首都圏移動、お控えを」 県内の経済活動は推進

  5. 「死に追いやってしまった」「逮捕されるのが怖い」 木村花さん誹謗中傷 加害者の心情

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです