連載

時代の風

各界の文化人が、それぞれの視点で混迷する時代を読み解きます。

連載一覧

時代の風

戦後75年の夏 語り継ぐ新たな形、必要=梯久美子・ノンフィクション作家

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
=竹内幹撮影
=竹内幹撮影

 1944年6月、米軍が南洋群島のサイパン島に上陸、翌7月にはテニアン島でも戦闘が始まった。どちらも日本人が移り住んでいた島である。

 両島で行われた慰霊祭に参加したのは12年前の6月のことだ。テニアン島で、追いつめられた民間人が身を投げたという断崖から下を見ると、1匹のウミガメが悠々と泳いでいた。

 「沖縄では、ウミガメは、死者の魂を運んでくれる神様の使いと言われています」

 横にいた高齢の男性がそう教えてくれた。両親は沖縄出身で、母と弟がこの島で亡くなったという。

この記事は有料記事です。

残り1447文字(全文1680文字)

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集