メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

なるほドリ

ミッドウェー海戦ってどんな戦い? ハワイ沖、米と激突 日本、致命的な敗戦喫す=回答・栗原俊雄

ミッドウェー海戦で撃沈された空母「蒼龍」

 なるほドリ ミッドウェー海戦で沈んだ旧日本海軍の航空母艦(こうくうぼかん)「加賀(かが)」の船体の一部が海底で見つかった、というニュースを見たよ。どんな戦いだったの?

 記者 1942年6月5日、米ハワイ・ホノルルの西約2000キロ沖で、航空母艦を基幹(きかん)とする日米の機動部隊(きどうぶたい)が激突した戦闘です。日本側はミッドウェー島の攻略と米艦隊の撃破(げきは)を目指しましたが失敗しました。当時、日本の主力空母は6隻(せき)で、このうち4隻、「加賀」のほか「赤城(あかぎ)」「飛龍(ひりゅう)」「蒼龍(そうりゅう)」が出撃し、すべて撃沈(げきちん)されてしまいました。米側が失った空母は1隻だけです。当時、海戦の主役は巨大な砲弾を遠くに飛ばす戦艦から空…

この記事は有料記事です。

残り497文字(全文828文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. いきものと生きる バッタ 海を渡る=五箇公一

  2. 月刊・時論フォーラム 馬毛島の基地計画/弾劾訴追/養鶏と政治

  3. 社説 11年ぶりに自殺者増加 コロナ下こそ届く支援を

  4. 社長ではなく総務部長? 安倍政権の大番頭「危機管理の菅」とは何だったのか

  5. 首相「少々失礼じゃないでしょうか」 蓮舫氏「言葉が伝わらない」批判に気色ばむ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです