メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

斎藤幸平の分岐点ニッポン

資本主義の先へ 電力を考える 一人の力が大きな波に

石炭火力発電所の新設工事現場から400メートルの団地で、差し止め訴訟原告の廣岡豊さん(左)から説明を聞く斎藤幸平さん=神戸市灘区で、清水有香撮影

団地のそば、公害との闘い/市民手ずから地域に潤い

 岐路に立つ社会のこれからを足元から考えようと、気鋭の経済思想家、斎藤幸平さん(33)が現場を歩く連載。今回は、生活を支える「電力」がテーマ。建設・稼働差し止め訴訟が起きている神戸市の石炭火力発電所と、市民らの手で設置された奈良県生駒市の太陽光発電所を訪ねた。私たちが電力問題を「我がこと」とする意味とは――。

 ついに緊急事態宣言が解除された。この間「ポストコロナのニューノーマル」と散々言われたが、「喉元過ぎれば熱さを忘れる」で、案外普通の生活にすぐに戻ってしまうかもしれない。そう、福島の原発事故の時のように。

この記事は有料記事です。

残り3069文字(全文3350文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. GoToトラベル利用のバス旅行で10人がコロナ感染 福岡

  2. ORICON NEWS 今年の“新語”大賞は「ぴえん」 新型コロナ関連のワードも続々トップ10入り

  3. PL出身監督対決はセガサミーに軍配 18安打でNTT西降し4強入り 都市対抗

  4. 大阪で新たに262人の感染確認 6日ぶりに300人を下回る 新型コロナ

  5. 呼吸困難や倦怠感…実は深刻なコロナ後遺症 病院で相手にされず 医師「国は対策を」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです