メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

新型コロナ 観光地、ようやく客足 再開後初の週末 感染への不安も

白川郷合掌造り集落ではまだまだ観光客の姿はまばら=岐阜県白川村荻町で6日、大竹禎之撮影

 長い自粛を余儀なくされた岐阜県白川村の白川郷や三重県伊勢市の伊勢神宮周辺の観光施設は客の受け入れを再開し、にぎわいを取り戻そうと歩み始めている。週末の6日には人出が増えたものの再開の喜びと新型コロナ感染への不安が交錯した。

 伊勢神宮内宮近くの飲食店や土産物店が集まる観光施設「おはらい町」「おかげ横丁」では、1日以降多くの店が営業を再開。週末の6日、観光客用の駐車場では県外ナンバーの車も見られた。石畳の通りでは、マスク姿の参拝客がスイーツなどを食べながら歩く姿であふれ、にぎわいが戻りつつあった。

 おかげ横丁の全店舗とおはらい町の7割は4月17日から1カ月半の休業を余儀なくされた。ようやくこぎ着けた営業再開。抹茶スイーツとお茶のお店「翠(すい)」では6日、多くの参拝客が来店し、接客に追われていた。男性従業員は「休業期間中はつらく苦しかった。久しぶりに人出が戻ってきたことで気分も上がります」。ただ、「うれしさと同じくらい不安もあります」と新型コロナへの感染を心配する。創業20年でカレーが名物…

この記事は有料記事です。

残り479文字(全文929文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「やる気ないなら担当変える」河野行革相、放送規制改革で文化庁に発破

  2. 乗用車がトレーラーに追突、男女3人死亡 苫小牧

  3. 医師と歯科医師24人を行政処分 厚労省発表

  4. 虫歯治療後に2歳死亡 福岡の小児歯科元院長を近く在宅起訴へ

  5. ドローン最前線 政府機関、中国製ドローン新規購入を排除 情報漏えい・乗っ取り防止を義務化

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです