メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

藤原帰一の映画愛

ハーフ・オブ・イット:面白いのはこれから ラブレター代筆で描く、少数弱者の秘めた声

 劇場で映画を観(み)る機会を新型コロナウイルスに奪われてしまった真冬のような苦難も終わり、輝く夏を迎えることができました。このコラムでも来週からは劇場公開の映画を取り上げますが、動画配信のネットフリックスにいい作品があったのでご紹介します。高校生が口下手なクラスメートの代わりにラブレターを書いてあげるという映画です。チャーミングだけど観るそばからすぐ忘れちゃうロマンティックコメディーみたいですが、キャラクター表現の彫りが深いので、深刻ぶったりしないのに味わいが濃い映画になりました。

 エリーは、子どもの時、両親と一緒に中国からアメリカにやってきました。お父さんは技術者なんですが、英語をうまく話せないため、博士の学位まで取ったのに、いい職がありません。田舎町の駅長さん、というよりも一日に2回しか来ない列車のために信号の切り替えをするのが仕事です。

この記事は有料記事です。

残り1269文字(全文1646文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 関東・東海上空に火球 2日未明、目撃相次ぐ 「爆発音聞こえた」

  2. 愛媛の「聖地」で誓った2人の愛 南京錠7000個のその後は… 撤去から1年

  3. 東京都で新たに100人以上感染 5月2日以来の3ケタ

  4. 「党員獲得どころじゃない」 河井夫妻「1億5000万円」 自民総務会で不満噴出

  5. コロナ感染止まらぬ新宿・歌舞伎町 区長はすがる思いで大物ホストの携帯を鳴らした

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです