メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

終活ナビ

母でなく友人らに相続させたい

 Q 母でなく友人らに相続させたい

 父と姉を亡くし、残る母には認知症の症状があります。私は独身で母より先に旅立つかもしれません。私の自宅と金融資産は、十分資産のある母よりめいや親しい友人に残したいと考えています。(女性、60代)

 A お母様を最後までお世話できないとなればさぞ心残りでしょうね。例えば、めいに自宅を、友人に金融資産を残す(遺贈する)として、お母様に遺留分があるのでどう対策するかが検討課題です。遺留分は請求権者が主張すればその分を返還する必要があります。なお、民法改正によってこの返還は金銭ですることとなったため、めいや友人にいきなり多額の請求がなされ、支払いに窮することにもなりかねないので注意が必要です。

 認知症であればご本人で遺留分請求権を主張なさることはないようにも思えますが、後見人が主張する可能性はあります。ですので、最初からお母様の遺留分は計算に入れて遺言書を作成してはどうでしょう。なおお母様の遺留分は3分の1です。

この記事は有料記事です。

残り573文字(全文997文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 鹿児島、新たに30人の感染確認 28人がクラスター発生の飲食店客

  2. マダニ感染症で京都府内の80代男性意識不明 府内で今年初

  3. 首相官邸ネット発信「中の人」は電通マン 前任者も 政権のSNS戦略と深いかかわり

  4. ORICON NEWS 綾瀬はるか「世界を食べる」写真集最新作はリスボン ビーチで見せた“優しい異世界”

  5. 東京都の新規感染者は2日連続の100人超 新型コロナ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです