メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

終活ナビ

母でなく友人らに相続させたい

 Q 母でなく友人らに相続させたい

 父と姉を亡くし、残る母には認知症の症状があります。私は独身で母より先に旅立つかもしれません。私の自宅と金融資産は、十分資産のある母よりめいや親しい友人に残したいと考えています。(女性、60代)

母の遺留分を計算に入れ遺言書を

 A お母様を最後までお世話できないとなればさぞ心残りでしょうね。例えば、めいに自宅を、友人に金融資産を残す(遺贈する)として、お母様に遺留分があるのでどう対策するかが検討課題です。遺留分は請求権者が主張すればその分を返還する必要があります。なお、民法改正によってこの返還は金銭ですることとなったため、めいや友人にいきなり多額の請求がなされ、支払いに窮することにもなりかねないので注意が必要です。

 認知症であればご本人で遺留分請求権を主張なさることはないようにも思えますが、後見人が主張する可能性はあります。ですので、最初からお母様の遺留分は計算に入れて遺言書を作成してはどうでしょう。なおお母様の遺留分は3分の1です。

この記事は有料記事です。

残り558文字(全文997文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 豊島区女性不明 栃木で遺体の一部発見 29歳を死体遺棄容疑で逮捕へ

  2. ORICON NEWS 金城茉奈さん、病気のため死去 享年25歳 『リュウソウジャー』龍井うい役で出演

  3. 米大統領選「不正ある」 トランプ氏勝利を叫ぶ日本人識者たちの論理

  4. 清原和博さんが野球教室 「自分なりに発信したい」公式チャンネル開設に意欲

  5. はやぶさ2カプセル、大気圏突入 豪上空に火球観測 JAXAチーム回収へ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです