メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

抗議デモ史上最大規模に 数万人参加 警察は遠巻きに 黒人男性死亡事件

 米中西部ミネソタ州で黒人男性が白人警察官に暴行され、死亡した事件に対する抗議デモは、6日も全米各地で行われた。首都ワシントンではこれまでで最多となる数万人が参加。ワシントン・ポスト紙によると、12日目を迎えた一連のデモは全米50州に拡大した。女性への差別発言を繰り返すトランプ大統領に反発し、2017年に650都市であった「女性の行進」を上回り、米史上最大規模の抗議行動になった。

 事件から2度目の週末となった同日、ワシントンでは正午前から、少なくとも12のグループがホワイトハウスや議会議事堂、リンカーン記念堂、アフリカ系米国人博物館の前などで集会を開催。人種差別や警察暴力の根絶を訴えた。

この記事は有料記事です。

残り357文字(全文654文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 鼻出しマスクで失格の40代受験生、トイレにこもり警察出動 注意されせき込む仕草も

  2. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  3. 「午後8時には閉めない」反旗を翻した外食チェーンの本気

  4. 変異株の感染確認、なぜ静岡で 英国滞在歴なし 厚労省クラスター班調査へ

  5. 声なき声を捕捉せよ コロナと連動する菅内閣支持率

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです